YouTubeショート動画は、スマホ手軽に動画を作成できる機能があり

また、ショート以外動画への誘導アイテムとして活用する人も

たくさんいますね。

そのような、長尺動画への誘導にとても便利な機能

YouTubeショートカメラ追加されました!

自分の動画を簡単に切り抜きをして、ショート動画にすることができます!

 

 

オリジナル動画を楽しもう!

 

 

 

詳しい動画解説

↓↓↓

 movie-01

 

 

 

 

 

YouTube ショート動画の新機能

 

動画から切り抜きをしてショート動画を作る条件

・自分がアップロードした動画のみ

・最大15秒間まで

 

 

※Android・iPhone、どちらもやり方は同じです。

1、

   

YouTubeアプリを起動して、画面右下の「ライブラリ」をタップ

 

 

2、

   

自分の動画」をタップすると、自分がアップロードした動画が一覧で表示されます。

画面上部に「動画」「ショート」「ライブ」とカテゴリ分けされています

 

ショート動画を作りたい動画を選択します。

 

 

3、

自分の動画を切り抜いてショート動画を作成する場合、作成されるショート動画

15秒間なので、

ショート動画にしたい最初ポイントで、動画を一時停止して、

そこで、動画の下の「作成」ボタンをタップ

 

 

4、

画面下側にこのようなメニューが開き「YouTubeショートとして作成」という

項目があるので、こちらをタップ

 

   

尚、自分の動画以外の動画で「作成」ボタンを押すと、

YouTubeショートとして作成」は表示されません。

サウンド」としてその動画の音声BGMとして利用したショート動画を作ることができます。

YouTubeにある動画BGMにしてショート動画を作る方法はこちら

YouTube(ユーチューブ)ショート動画でもっと簡単に音楽をつけて動画作成

 

 

5、

   

先程の動画一時停止した場所「作成」ボタンを押したところを起点として

15秒間動画が選択されています。

画面下側のスライド最初最後白いバーを動かして、

動画長さ調整します。

よろしければ「次へ」をタップ。

 

 

6、

A:テキスト 動画内テキストを入力できます。

B:タイミング 上記テキスト表示させるタイミングです。

C:フィルター 画面フィルターを掛けます。

 

A:テキスト 

動画テキストを入力します。

また、文字の色や背景、フォントなど調整できます。

 

B:タイミング 

上記「テキスト」で入力したテキストを表示させるタイミング

設定します。

動画のどのあたりに表示させるか、下のスライドで調整します。

 

C:フィルター

動画全体フィルターを掛けます。

 

 

7、

編集が完了したら、画面右上の「次へ」をタップ

 

 

8、

通常のショート動画アップロード同様タイトルを入力して

公開範囲など選択したら「ショート動画をアップロード」をタップ

 

 

9、

   

アップロード完了したら、ライブラリから「自分の動画」を開いてみると

ショート動画として動画アップされています。

 

このようにショート動画アップできました!

 

 

ショート動画詳しい作成方法はこちら

YouTubeショート動画をスマホで作って投稿できるようになりました!

ショート動画効果的な使い方についてはこちら

YouTubeショート動画・アップロードしたら絶対にやってほしいこと!

 

 

 

 

オリジナル動画を楽しもう!