YouTube動画アップロードしてから、動画内にぼかし

入れることができます。

動画の中の人物自動判別して、またその動きに合わせて

ぼかしを付けることもできます。

 

 

オリジナル動画を楽しもう!

 


 

 

詳しい動画解説

↓↓↓

 movie-01

 

 

 

 

 

YouTubeで編集・動画をカットする

 

 

1、

YouTubeを開いたら、画面右上のプロフィールアイコンから「YouTubeStudio」を

開いて、画面左側メニューの「コンテンツ」をクリック

編集したい動画サムネイルをクリックします。

 

 

2、

動画の詳細画面が開くので、左側メニューの「エディタ」をクリック

 

 

3、

画面左上にこのような表示が出るので、ぼかし」欄の「+」をクリック

 

 

4、

顔のぼかし」と「カスタムぼかし」の2種類があります。

 

 

5、顔のぼかし

顔のぼかし」を選択するとこのような画面になるのでしばらく待ちます…

 

動画内を自動で検索して、人物の顔として判別された画像

このように表示されます。

対象の人物の画像、または「すべて選択」をクリックして「適用」をクリック

 

自動でその人物の顔にぼかしが入りました。

 

対象の人物が画面上で移動すると、ぼかし自動その顔を追うように

ぼかしがかかります。

 

タイムラインぼかしブルーのバー最初と最後カーソルを合わせて

クリックしながら動かすと、ぼかしをかける長さを調整できます。

 

 

6、ぼかしを追加したい場合

画面左上の「+ぼかし」をクリック

 

尚「顔のぼかし」は2個以上付けることができません。

ぼかし追加する場合は「カスタムぼかし」を選択してください。

 

 

7、カスタムぼかし

カスタムぼかしでは画面左上からぼかしの設定ができます。

ぼかしの形」ではぼかす部分楕円形または長方形に選択できます。

 

ぼかしの操作」では、ぼかす部分を「ボカシの対象の動きに合わせる」か

ぼかしの位置を固定」するか設定できます。

 

カスタムぼかし複数付けることができます。

それぞれ、タイムラインブルーのバー長さを調整でき同時に2つ以上のぼかし

入れることもできます。

※10個までは付けることができました。それ以上も可能ですが最大の数はわかりません…

 

 

8、

ぼかし削除したい場合は、対象のぼかしタイムラインを選択して

Delete」キーを押すと削除できます。

 

 

9、

完了したら「保存」をクリック

 

 

10、

このような画面が開くので「保存」をクリック

※ここでは「[保存]を選択すると元の動画保存されて元に戻すことが可能…」と

書かれていますが、実際には新しく編集された動画のみが残ります。

ぼかしを入れる前元の動画はなくなってしまうので、必要に応じてダウンロードしてください

YouTubeから自分動画ダウンロードする方法はこちら

Youtube・自分の動画をダウンロードしてバックアップをとる!

 

 

10、

このような表示になります。

こちらの画面は閉じてしまってOK。

 

しばらくはYouTubeStudioコンテンツ一覧で、編集した動画

このような表示になります。

今回の短い動画(1分弱)で、夕方の時間帯(17時頃)では

10分ほど経ったところで画面を更新したら完了していました。

 

 

 

 

 

オリジナル動画を楽しもう!