YouTubeチャンネル運営に欠かせないデータチェックツール

YouTubeStudio内のアナリティクスでは、

様々な指標をチェックし、チャンネル運営や、動画作りに活かすことができます。

YouTubeアナリティクスには視聴者維持率指標もありますが、

新しい指標がチェックできるようになりました。

視聴者維持率新しい指標をチェックして、

自分の動画のどのようなシーンが良く見られていて、

また、改善が必要なシーンはどのようなシーンなのか…?

チェックしてみましょう。

 

 

31日間無料で動画見放題!


 

 

詳しい動画解説

↓↓↓

 movie-01

 

 

 

 

 

YouTubeチャンネルのヘッダー画像の変更方法

 

 

 

 

1、

YouTubeStudioから「アナリティクス」を開き「エンゲージメント」を開きます。

 

 

2、

画面を下へスクロール

 

 

3、

視聴者維持に関する重要なシーン」という指標が新しく追加されました。

A:「イントロ」「トップモーメント」「」「」の4種類についての切り替え

B:「通常のイントロを上回る動画」トップファイブ

C:「通常のイントロを下回る動画」トップファイブ

D:各データグラフ

 

 

4、「イントロ

最初は「通常のイントロを上回る動画」の一番上の「イントロ」のデータ

グラフで表示されています。

B」「C」の部分で「通常のイントロを上回る動画」「通常のイントロを下回る動画

それぞれ、各動画データを切り替えることができます。

 

 

5、

B:「通常のイントロを上回る動画」では、「この動画」の視聴者維持率である

ピンクのラインが

「通常の維持率」であるグレーのラインより上にありますが、

C:「通常のイントロを下回る動画」では、ピンクのラインがグレーのラインの

下側にあります。

 

 

6、「トップモーメント

同じ長さの他の動画と比べて、通常より特に視聴されている部分を表しています。

カーブてっぺんになっている場合は、その部分でユーザーが視聴をやめていない

ということです。

 

7、「

視聴者さんが何度も視聴したり、共有した部分です。

 

 

8、

視聴者さんがそこで動画視聴をやめたり、スキップした部分です。

 

※「」や「」では、上にあるプレビュー画面でその位置がわかるようになっているので、

実際に再生してみて、どのような部分が、よく見られているのはどんなシーンなのか

または、逆になぜスキップされているのか、を知ることができます。

 

 

9、

グラフガイドをご覧ください」にカーソルを合わせるとグラフの詳しい見方が

表示されます。

 

 

10、

動画にカーソルを合わせると、このような表示が出て

動画のアナリティクスに移動」をクリックすると動画ごとのアナリティクスが開きます。

 

 

11、

動画ごとアナリティクスでも「エンゲージメント」から視聴者維持に関する指標

チェックできます。

ここではこの動画平均視聴時間平均再生率も確認できます。

 

 

12、

尚、動画ごとのアナリティクスの場合、「」の指標はなく、

」は「1回の谷」という表示になります。

 

 

13、

チャンネルのアナリティクスに移動する」で元の画面に戻ります。

 

 

 

 

31日間無料で動画見放題!