YouTubeに動画をアップロードしてしまってから、あとから、ぼかしを入れたい!

というとき、YouTube顔認識による顔のぼかしや、

自分で任意の位置にぼかしをつける方法です。

2020年10月現在の設定方法になります。

 

 

 

私も愛用中!使いやすい!動画編集ソフト

 


 

 

 詳しい動画解説

↓↓↓

movie-01

 

 

 

 

 

Youtubeでぼかしを付ける方法

 

 

あらかじめYouTube動画アップロードしている場合に限ります。

 

1、

YouTubeStudioから画面左側メニューから「動画」を開いて

対象の動画サムネイルをクリック

 

 

2、

動画の詳細画面が開くので、画面左側メニューから「エディタ」をクリック

 

 

3、

 

動画エディタ画面が開くので少し下へスクロールします。

 

 

4、

上から3段目に「動画の一部をぼかす」というリンクがあるのでこちらをクリック

 

 

5、

こちらの画面が開きます。

A:顔のぼかし処理

B:カスタムぼかし

それぞれ「編集」ボタンをクリックして先へ進みます。

 

 

6、A:顔のぼかし処理

こちらの画面が開き、動画内の顔の認識が開始しますので、完了するまで待ちます…

 

動画内の顔が認識され、画面左側に一覧で表示されます。

ぼかしをかけたいをクリック、またはすべての顔にぼかしをつけたい場合は

すべて選択」にチェックを入れて、画面右下の「適用」をクリック。

 

エディタ画面の戻ります。

ぼかしタイムライン上でぼかしが入った部分が濃いグレーになっています。

 

プレビュー画面で確認して、長さ位置などを調整します。

 

 

 

7、B:カスタムぼかし

このような表示になります。

画面下部のタイムラインでぼかしを入れたい動画の時間の位置を、

画面上部左側で、ぼかし動作、右側のプレビュー画面ぼかしを入れたい位置

マウスで囲って調整します。

 

タイムライン上のぼかしの部分の橋にカーソルを合わせると、長さを調整することが

できます。

※ある程度、ぼかしをかけたい位置グレーの縦のラインで設定してからカスタムぼかし

選択するのがベター

 

プレビュー画面ぼかし部分が青い枠で表示されるので、ぼかしサイズ調整します。

 

画面左側のメニューで、

ぼかしの形

A:長方形

B:楕円

ぼかしの動作

C:ぼかし対象の動きに合わせる

動画の中でぼかし対象動く場合、その動きに合わせます。

D:ぼかし位置を固定

ぼかし位置固定されて動きません。

それぞれ、どちらか選択できます。

 

 

 

こちらの画面の戻ります。

カスタムぼかしも、対象にちゃんとぼかしが入っています。

尚、カスタムぼかしが完了すると「適用済み」の表示になりますが「再設定」で

やり直しが可能です。

 

 

8、

顔のぼかしは1回で設定完了することができますが、

カスタムぼかしは、一度に設定することができません。

再度、顔のぼかし設定後や、カスタムぼかし追加する場合は、

ぼかしタイムライン上の「+」ボタンをクリックすると追加できます。

 

 

9、

 

すべてのぼかし処理が完了したら

画面右上の「保存」をクリック

 

尚、このような注意書きが表示されるので、よろしければ「保存」をクリック

 

元の動画を残したい場合は「保存」の横の「」から

A:新たに保存し直す

をクリックすると、元の動画を残しながらぼかしをつけた動画保存できます。

B:最初の状態に戻す

をクリックすると、ぼかし編集がすべて元に戻ります。

 

 

10、

保存にはしばらく時間がかかります…

 

 

 

 

 

 

 

 

私も愛用中!使いやすい!動画編集ソフト