YouTubeに動画をアップロードしてしまってから、

映っていてはいけない人のが出てしまっていたり、

あとから、ぼかしを入れたい!というとき、

YouTube動画アップロードしてしまったあとでも、

顔認識による顔のぼかしや、自分で任意の位置にぼかしをつけることができます。

YouTube動画アップロードしてしまってからでも、

簡単にぼかしを付ける方法です。

 

 

 

私も愛用中!使いやすい!動画編集ソフト

 


 

 

 詳しい動画解説

↓↓↓

movie-01

 

 

 

 

 

Youtubeでぼかしを付ける方法

 

 

あらかじめYouTube動画アップロードしている場合に限ります。

 

1、

YouTubeStudioから画面左側メニューから「動画」を開いて

対象の動画サムネイルをクリック

 

 

2、

動画の詳細画面が開くので、画面左側メニューから「エディタ」をクリック

 

 

3、

動画エディタ画面が開くので少し下へスクロールします。

 

 

4、

一番下に「ぼかしを追加」ボタンがあるのでこちらをクリック

 

 

5、

こちらの画面が開きます。

A:顔のぼかし処理

B:カスタムぼかし

それぞれ「編集」ボタンをクリックして先へ進みます。

 

 

6、A:顔のぼかし処理

こちらの画面が開き、動画内の顔の認識が開始しますので、完了するまで待ちます…

 

動画内の顔が認識され、画面左側に一覧で表示されます。

 

ぼかしをかけたいをクリックしてチェックマークをつけると、

動画内のぼかしがかかります。

これは、顔認識なので、動画内で顔の位置が動いた場合、自動ぼかしも動きます。

よろしければ「完了」をクリック

 

こちらの画面の戻ります。

にはちゃんとぼかしが入っています。

尚、顔のぼかし処理が完了すると「適用済み」の表示になりますが「再設定」で

やり直しが可能です。

 

 

7、B:カスタムぼかし

こちらの画面が開きますので、

画面下部のタイムライン動画の時間の位置を、

画面上部のプレビュー画面ぼかしを入れたい位置をマウスで囲って調整します。

 

ぼかしを入れたい部分をマウスで囲うと、タイムライン上にぼかしの部分が

表示されます。

 

ぼかしを付けたい長さはマウスで動かして調整できます。

 

ぼかし部分の「ロック」をクリックすると、長さ調整などができないように

ロックを掛けることができます。

 

ロック中

こちらをクリックすると

 

ロックを解除」をクリックすると、ロック解除できます。

 

よろしければ「完了」をクリック

 

こちらの画面の戻ります。

カスタムぼかしも、対象にちゃんとぼかしが入っています。

尚、カスタムぼかしが完了すると「適用済み」の表示になりますが「再設定」で

やり直しが可能です。

 

 

7、

ぼかし処理が完了したら

A:最初の状態に戻す

ぼかし処理をすべて破棄して、元の状態に戻します。

 

B:新しい動画として保存

ぼかしのない元の動画とは別動画として保存することができます。

尚、このような注意書きが表示され「編集が完了したら元の動画を削除する」に

チェックを入れると、元の動画は削除されてしまいますのでご注意ください。

 

C:保存

元の動画を上書きするように保存します。

 

D:カット

簡単なカット機能がついています。

 

 

8、

保存をすると、YouTubeStudio動画画面に戻ります。

 

 

 

 

 

 

 

私も愛用中!使いやすい!動画編集ソフト