YouTubeで自分の動画コメントを頂くと、とても嬉しいですが、

中には、あまり嬉しくないコメントが付くこともありますね。

そのようなコメントによく書かれている特定ワード

NGワードとして設定しておくことで、実際の動画画面に表示されなくなり

他のコメントとは、区別して管理することができます。

YouTubeコメントNGワード設定方法です。

 

 

 

乗り換えがお得!


 

 

詳しい動画解説

↓↓↓

 movie-01

 

 

 

 

 

YouTubeコメント欄のNGワードの設定

 

 

 

1、

YouTubeログインして、YouTubeStudioを開き、

画面左側メニュー設定」をクリックします。

YouTubeトップページ右上のプロフィールアイコン→「YouTubeStudio」)

 

 

2、

設定画面が開くので、左側メニューの「コミュニティ」をクリック

 

 

3、

このような画面が開くので、下までスクロールして

 

下から2つ目「ブロックする単語」と、

一番下の「リンクをブロックする」を設定していきます。

 

 

4、

ブロックする単語」には、自分の動画へで書かれる不快なコメントの単語

記入してください。

単語ごとに、エンターを押すと、単語が確定されます。

リンクをブロックする」にチェックを入れると、コメントURL記載されている場合

全てのコメントが、一旦、保留コメントとして振り分けられます。

よろしければ「保存」をクリックして完了です。

 

 

6、

同じく「設定」→「コミュニティ」の「デフォルト」タブを開き、

チャンネルへのコメント」欄の「コメントをすべて許可する」の「▼」をクリック

 

 

7、

ここで「不適切な可能性があるコメントを保留して確認する」をクリックして

選択しておきましょう。

保存」をクリックして完了です。

 

 

8、

NGワードで設定した単語が含まれたコメントURLが含まれたコメントは、

このように「確認のため保留中」タブに振り分けられ

 

実際の動画画面には表示されません。

 

 

不快なコメントへの対処法についてはこちらもチェック!

ユーチューブ(YouTube)のコメント、不快・迷惑コメントへの対処法

 

 

 

乗り換えがお得!